介護リフォーム

福祉住環境コーディネーターの介護リフォーム

介護リフォーム

介護リフォームなら総合住設

イメージ 介護リフォームは、要介護者の身体機能をカバーするだけでなく、介護者の介護負担を軽くすることもできます。また、介護保険を利用することで、一定の条件の中で改修も行えます。段差の解消、手すりの設置、介護トイレの設置等は改修可能です。このような効果的なリフォームを行うことによって、介護する側も、される側も安心な生活を得ることができるのです。 介護リフォームとは、かけがえのない大切な家族が、安全で快適な暮らしを送るために、住宅環境を改善するためのリフォームです。 また、バリアフリーのための住宅改修や福祉用具の購入・レンタルには 介護保険が利用できます。 お住まいの市区町村によっては別途助成金が支給される場合もあります。 また、介護リフォームには公的融資(自治体や社会福祉協議会による貸付制度、年金バリアフリー住宅融資、住宅金融公庫融資等)もご利用になれます。  

介護保険で住宅改修

介護保険により『要介護認定』を受けられた方は、手すりの設置や段差の解消などの住宅改修費用として、20万円を限度とする支給を受けることができます。介護保険で要支援・要介護の認定をうけた場合は、上限を20万として、1割のご負担で自宅の改修工事を行えます。

介護保険制度詳しくはコチラ

【介護保険で在宅改修できるところ】
  1. 手すりの取り付け(転倒防止の廊下、トイレ、浴室の手すりなど)
  2. 室内の床段差の改修 (バリヤフリー工事、玄関ポーチ・通路面の段差の解消(スロープ設置工事)、つまずき、転倒防止の目的)
  3. 室内の床材の変更、玄関ポーチ通路面の床材の変更など(滑りによる転倒の防止、畳からフローリングへ)
  4. 扉の取替え(引き戸やアコーディオンカーテンなど)
  5. 洋式便器への取替え(和式便器を洋式便器へ改修)
  6. 上記の5つに付帯して必要となる住宅改修(手すり工事においての、必要となる下地補強工事など)

■ 対象者

介護保険の要介護認定の結果が、要支援1・2 もしくは 要介護1~5の方が対象になります。 まずは、ケアマネージャー(介護支援専門員)のおられる方は、ご担当のケアマネージャーへご相談下さい。 ※ケアマネージャーさんがおられない方は是非当社に御相談ください。

■支給額の限度額

支給限度基準額は20万円まで(消費税含む)になります。 よって本人負担(被保険者)1割 介護保険支給9割での、最大で18万円までになります。 また、限度額に達するまで申請出来ます。 原則として、1住宅につき20万円までになりますが要介護が3段階以上悪化した場合や、転居した場合は、新たに18万円まで受ける事が出来ます。

■支給認定の条件・注意点

  • 要介護認定の有効期間内に行った住宅改修が対象になります。
  • 日常の生活状況にしっかり合わせた改修プランになりますので、本人(被保険者)が日常使う場所の工事に限られます。
  • 本人(被保険者)が住民登録をしている住所地が対象になります。
  • 病院、施設に入院・入居の方は、申請する事が出来ません。ただし、居宅に戻られる場合は対象になります。
  • 新築・増築は対象になりません。
  • 本人・家族が住宅改修を行った場合は、材料費のみが対象になり、工費は対象になりません。

■住宅改修のここがポイント!

1)上限20万円で9割が支給されます。
例えば工事代金が(消費税込)で20万円であれば18万円が支給され2万円が自己負担となります。
2)上限の20万円を超えてしまったら?
例えば工事代金が25万円であれば、超えてしまった分は、自己負担となります。 つまり支給金額の上限が18万円で7万円の自己負担ということになります。 福岡・北九州市にお住まいで、介護リフォームについて何かございましたら、総合住設株式会社へお気軽にご相談ください。

介護リフォーム4つのメリット

POINT1. 事故の予防ができる

階段や敷居などの段差は、転落やつまずきを招きます。特に高齢者の場合は、骨折することが多く、寝たきりになることもあります。介護リフォームで段差を解消することで、事故の予防ができます。

POINT 2. 自立度がアップする

介護リフォームによって“自分にできること”が増えれば、行動範囲が広がり、元気で健康的な生活を送ることができます。

POINT 3. 介助者に心のゆとりができる

動きにくい住宅や人力だけに頼った介助は、肉体的にも精神的にも介助者に負担がかかってしまいます。介助のしやすさを考えた介護リフォームで、介助者の心身の負担を軽減することができます。

POINT 4. 資金援助が受けられる

厚生省による住宅改修告示に準拠した改修の場合、要介護区分を問わず、改修費用(上限20万円)の9割(実質上限18万円)が支給されます。

バリアフリー・介護リフォームの流れ

イメージ

Step1.お問い合わせ・ご依頼

バリアフリー・介護リフォームをお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせをいただいたら、現場調査の日程を決定します。もちろん、質問だけのお問い合わせも大歓迎です。 メールでのお問い合わせはこちらから  

イメージ

Step2.現場調査

ご自宅にお伺いして、住まいの構造チェック・寸法測定などを行います。なお当社には営業マンがいませんので、現場での施工を担当するスタッフが直接お伺いしています。  

イメージ

Step3.リフォームプランのご提案

ご家族の身体症状や困っていること、ご要望などをお伺いしてリフォームの方向性を決定し、現場調査の結果を踏まえたリフォームプランを作成します。プラン作成にあたっては介護に関する専門的な知識が必要になりますので、ご家族やケア・マネージャーさんと相談しながら最適なプランをご提案。なお、この際にお見積もりも併せてご提示します。  

イメージ

Step4.リフォームプランの決定

ご提案したリフォームプランとお見積もりにご納得いただけたら、契約を締結させていただきます。リフォーム内容が介護保険の対象になるかどうかによって、実際に支払う金額が変わってきます。 【介護保険の適用について】 バリアフリー・介護リフォームには介護保険が適用されるのをご存知ですか?手すり設置や段差の解消、和式便器から洋式便器への変更などの施工に対して助成金が支給されます。  

イメージ

Step5.工事開始

リフォーム工事の開始です。施工の前には、スタッフがご近所の皆様に挨拶に伺います。プロのスタッフが丁寧かつ迅速に施工を行います。  

イメージ

Step6.お支払

リフォーム工事が完了したら、お客様の立ち会いのもとで完了チェックをしていただきます。この時点で不具合などが発見された場合は、早急に対応。仕上がり にご納得いただけた場合はお引き渡しとなり、お引き渡しが済んだら工事代金をお支払いいただきます。介護保険が適用される場合は、お客様は1割負担となり ます。